デジタルノマドとは

デジタルノマドとはテクノロジーを活用し場所から独立した移動可能なライフスタイルを実践する人々です。

デジタルノマドはインターネットやオンラインツール・サービスを使って働き収入を得て、場所にしばられずに遊牧民(ノマド)のように色々な土地へ旅をしたり移住をして生活を営む人々のことです。リモートワークかつ雇用形式ジョブ型(職務内容が定義された雇用形態)が一般的な欧米諸国の先進国の人々に多くみられ、2020年以降リモートワークの波により日本でも一般的になってきました。

  1. デジタルノマドとは何か
  2. デジタルノマドのメリット
  3. 「3つの自由」について
  4. 時間の自由の説明
  5. 場所の自由の説明
  6. 思考の自由の説明


世界を旅しながら働く人がいる一方、ビザや家庭などの事情により国内を自由に移動しながら暮らす人もいます。デジタルノマドの多くは独身のいる人が多い印象ですが、家庭や子供を持ちパートナーと共にそれぞれの価値観を共有し自分たちの求めるものがある場所を探している人やシングルマザーで子供ともに旅をしてる人もいます。

バックパッカーとの違い

バックパッカーをイメージしやすいですが、今までのバックパッカーとは大きくことなります。バックパッカーは旅の費用を目的地の先で稼ぐことは難しい(滞在許可または期間の)ため、貯金をして出発し金銭がショートしたら帰ってくるというのが一般的です。デジタルノマドはパソコン1つで仕事が可能なため、どの国にいてもクライアントや会社とインターネットを活用してやりとりをし就業することが可能になります。そのため、キャリアが途絶えることもなく貯金やご褒美の贅沢も可能になります。

デジタルノマドの仕事環境

家で仕事をする人もいますが、カフェや図書館、コワーキングスペースといった場所で仕事をするのが一般的です。国が変わればタイムゾーンも変わるため、非同期コミュニケーションを円滑におこなうことが重要視されテキストチャットやプロジェクト管理ツールを使ったプロジェクトの進行スキルが必要とされます。

デジタルノマドの課題&問題

課題&問題となるのは主に仕事&仕事環境、査証(ビザ)、住居、移動、荷物、人間関係です。この問題を解決することができればデジタルノマドになることができます。

多くのデジタルノマドはパソコンやインターネットサービスを高度に活用することが求められるため、これらの問題をサービスやツールによって解決するのが一般的です。

住居であれば、Agoda(ホテル比較サイト)AirBnb(民泊サービス)を利用して滞在場所を探します。毎月一定の金額を支払うことで好きな場所へ好きな時に移動できる住居サブスクリプションサービスも日本に登場しているので、そのようなサービスに登録し旅するように生活する人々も少なくありません。

目的地の選定には Nomadlist が欠かせません。インターネットの速度、治安、生活コストの平均、大気汚染などのデジタルノマドに必要とされる項目を表示してくれるため、気になる土地の情報を事前に比較することができます。

移動には Google フライトFlight Penguin(フライトメタ検索エンジン)を使い効率よく、快適に、お得に移動することが求められます。

あわせて読みたい
フライトメタ検索サービス Flight Penguin(フライトペンギン)がローンチ
フライトメタ検索サービス Flight Penguin(フライトペンギン)がローンチRedditの共同創設者であるスティーブ・ホフマン氏によって創設されたメタ旅行検索エンジンのHipmunk(ヒップモンク)の後継である『Flight Penguin(フライトペンギン)...
Flight Penguin のサービス紹介記事

その他にも様々なサービスを活用しテクノロジーを使いこなすことによってデジタルノマドは古いライフスタイルを捨てて新しいライフスタイルを実践することができます。