居住者限定でポルシェが乗れるマンション、海外では乗り捨てOKなカーシェアサービスなど多様化で拡大

マンションの居住者限定で利用できるカーシェアサービスが全国各地で拡大している。

株式会社アースカー(東京都千代田区)が開発したカーシェアリング事業プラットフォームを活用し、岡山県を拠点に不動産事業を展開する株式会社ARROWS(岡山県岡山市)は岡山市内の新築マンション居住者限定のカーシェアリングサービスを3月に開始した。2019年10月に事前申し込みを開始した「ポルシェが乗れる分譲マンション」の開発・販売を手掛けるフィード(東京都港区)は5月にもサービスの提供を開始する。

さらに、個人間カーシェアの Anyca(エニカ)は、非対面で車の貸し借りができるよう施錠をアプリで可能にする「AnycaKEY(エニカキー)」を導入し、最大約300車種の車の非対面シェアが可能になったと発表した。昨年10月には「Anycaオーナー定額支援プログラム」をおこなっており Anyca を利用するオーナーに最大4万円の支援をするなど、個人間でのカーシェアリングの普及を推進する。

Anyca(エニカ)
Anyca (エニカ) "乗ってみたい"に出会えるカーシェアリングアプリ
Anyca (エニカ) "乗ってみたい"に出会えるカーシェアリングアプリAnyca (エニカ) は、個人間でクルマをシェアする新しいカーシェアリングサービスです。スポーツカーから痛車まで、全国オーナーの多種多様なクルマを利用することが出来ま...

国外ではさらに自由度の高いカーシェアのサービスも存在する。リトアニア発のレンタカーサービス CityBee(シティビー)は、エストニア・リトアニア・ラトビアのバルト3国で乗り捨て可能なカーシェアサービスを展開している。EUの自動車運転免許書を持っていれば登録はアプリから15分でおこなうことができ即時利用が可能になる。近隣に駐車されている車の位置をアプリで把握し、駐車可能な場所もアプリで確認できる。

Citybee
Homepage - Citybee
Homepage - Citybee   

リモートワークやワーケーションで郊外を訪れる人が増える中、車を所有しない若者も多く存在しカーシェアサービスの多様化とさらなる展開に期待がかかる。


earthcarプラットフォームとマンションのコラボレーション 岡山市で居住者限定カーシェアリングサービスを開始|アースカーのプレスリリース : https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000026337.html

“日本初”のポルシェに乗れる分譲マンション誕生。「FIDO X CARBON プロジェクト」発表会 – Car Watch : https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1212243.html

URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる